PC-FIX SASEBO > トラブル事例  > Windows Update後、ブラウザを開くと何も表示されず真っ白に

Windows Update後、ブラウザを開くと何も表示されず真っ白に

【トラブル内容】
Windowsのアップデートを機に、ブラウザを開いても真っ白にしか表示されず、10秒程度で勝手に閉じてしまうというトラブルのご相談です。
 
【作業内容】
1.ドライブのエラーチェック、修復
2.システムファイルの復元
3.再発防止のため、各種ドライバ、メーカー製(今回はDELL)ソフト、他サードパーティー製ソフトのアップデート後にWindowsのupdateを行いましたが、特定のアップデートに失敗する。
4.原因を追究したところ、DELL製のソフトウエアが原因と判明し、不要なソフトでしたので、削除

以上の作業で、無事に解決致しました。
 
【お客様コメント】
「素早く、丁寧に解決できたので、助かりました。」とコメントを頂きました。
 

 

PC-FIX SASEBOでは、長崎県北地域の佐世保市・平戸市・松浦市・西海市・佐々町・東彼杵郡、佐賀県の伊万里市・有田町を中心にベテランスタッフが低価格で迅速・安心なパソコン修理・トラブル解決を毎日行っています。

簡単なトラブルからパソコンが起動しないトラブルまで幅広く修理、サポートを行っております。また、インターネット・メール・プリンタ・ソフトウェアの設定等、各種設定も承っております。


【その他のトラブル事例】

<< 前の記事「

>> 次の記事「」